レビュー

お問合せ

Q & A

ブログ

カート

【  TBL VOL.135 慎重に選びたい!子供部屋カーテンの選び方  】


みなさまこんにちはスタッフのハルです(`・ω・´)
新築へのお引越しやお子様の入園入学のタイミングで子供部屋を作るというご家庭も多いですよね。
いざ子供部屋を作ってもどんな基準にカーテンを選んだらいいのだろう・・・とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

カーテンはお部屋の中でも大きな面積を占めるインテリア。お部屋の雰囲気を変える重要なアイテムです。
そこで今回は慎重に選びたい!子供部屋カーテンの選び方についてご紹介していきます。
 
 

子供部屋カーテンはカラー選びが重要!


 
カーテンを選ぶ時に最も悩むのがカラー。
カラー選びの時のポイントとして、色が人に与える効果を知っているとカラー選びの際のサポートに!
 
子供部屋はお子様の年齢によって使用目的が変わってくるお部屋です。
小学生くらいまでのお子様はプレイルームとして、中学生以降のお子様は勉強部屋としてなど成長によって用途も変化していきますので、ある程度お子様の成長過程によってカーテンを買い換えをしていただくのがおすすめです。
 
グレー無地のカーテン
中には大きくなるまで使えるように無難な無地で白やグレーなどを選ばれる方もいらっしゃるかと思います。
もちろん落ち着いたカラーでスタイリッシュにコーディネートしていただける人気のカラーではありますが、白・黒・グレーのカラーは色みを持たない無彩色に分類されます。
無彩色は感情を抑えたり、内に秘めるといった特徴をもつ色合いです。
創造力を養って、活発に成長してほしいお子様のお部屋にはデザインやカラーものをおすすめいたします。
 
びっくりカーテンには、お子様のイマジネーションを育むようなデザインや素敵なカラーのカーテンが豊富です。
 
ここからはどんなカラーのカーテンを選べばお子様の環境に適しているか、カラーの効果別にご紹介をしていきます。

明るいお部屋を演出 イエロー オレンジ

エレファンティペアレース イエロー写真
元気なイメージのあるイエローやオレンジは好奇心旺盛なお子さんのお部屋にぴったり。
小さなお子様のプレイルームにはもちろんですが、イエローには判断力や記憶力を高める効果もあるので勉強部屋にもおすすめのカラーです。
色調を抑えて柔らかで優しい色合いをお選びいただくことで小さなお子様から学生さんまで幅広い年齢の方に人気です。
 
フリフリ ライトイエロー写真<furifuri フリフリ ライトイエロー>
 
フィーカの写真<フィーカ>
 
ボニートボンボン イエロー写真<ボニートボンボン イエロー(厚地)>
 

あたたかみのある レッド ピンク

ワッフルキュート写真
あたたかみのある赤やピンクのカラーはぬくもりを感じるカラー。
赤は活動的でやる気をアップしてくれるカラーでもあるので、子供部屋にもおすすめのカラーです。
 
ただ、ビビットな赤は活発でエネルギッシュなイメージもあるので寝室として使用しているお部屋には注意が必要です。
この場合は赤色でデザインが入っているものなどで赤を取り入れていくのがおすすめです。
 
可愛いカラーのピンクは女の子のに大人気のカラーですよね。
コーディネート次第ではプリンセス気分が味わえたり、ちょっと大人っぽくコーディネートすることもできて人気のカラーです。
 
ベリーベリーベリー!写真<berryberryberry!- ベリーベリーベリー!>
 
ノッカ ピンク写真<ノッカ ピンク>
 
ボニート リンドー写真<ボニート リンドー(厚地)>
 

癒しを感じる グリーン


リラックス効果の高い癒しカラーのグリーンは、寝室や落ち着いた場所に向くカラーです。
さらに集中力や問題を解決するための冷静さを保つ効果もあるので勉強部屋にもおすすめです。
 
ボタニカルや北欧テイストなど、植物をモチーフにしたデザインが多いグリーンカラーなので
デザインからもマイナスイオンを感じて伸び伸びと協調性を育てるのにぴったりのカラーです。
 
コティ グリーン写真<コティ グリーン>
 
カヴェリュ写真<カヴェリュ>
 
ジュニ グリーン写真< ジュニ グリーン >
 
カーテン・ボニートフォレスト グリーン写真<カーテン・ボニートフォレスト グリーン>
 

集中力アップにおすすめ ブルー

レースウェーブ ブルー
 
鎮静効果や集中力を高める効果があるブルーは勉強部屋にとてもおすすめのカラーです。
 
フラッフィ ブルー写真<fluffy – フラッフィ ブルー>
 
カーテン・ボニートレーサー写真<カーテン・ボニートレーサー>
 
スルール ブルー写真<スルール ブルー>
 
ただ冷たい印象を持ち合わせているブルー。
子供部屋に取り入れる際は、他のインテリアでエネルギッシュな赤やイエローなどあたたかみのあるカラーを取り入れていただくのがおすすめです。
簡単に取り入れられるのが下記のようなクッションカバーや壁掛け時計などの雑貨アイテムです。

クッションカバー
ニッティ イエロー
クッションカバー
サフラン ピンク
時計
ジェシカ レッド


 

子供部屋には遮光カーテンと非遮光カーテンどっちがいいの?


カーテンには窓の外からの光を遮る「遮光カーテン」とお部屋の中に程よく光を取り入れる「非遮光カーテン」があります。
どちらもお部屋の用途や環境によってメリット、デメリットが異なりますのでそれぞれの特徴別にご紹介していきます。

体内時計を正常に保つ<非遮光カーテン>

非遮光カーテン特集
 
人は日光に浴びることで体内時計が調整されます。
お子様の体内時計を正常に保つには、日中お部屋に居ながらも太陽の光を感じられることが必要です。
 
遮光カーテンだと朝、太陽が昇っても光を遮ってしまって朝日を感じることができません。
窓から差し込む朝日を感じて、毎朝目覚めれるような健康的な環境作りには非遮光カーテンがおすすめなんです。
 

西日が強いお窓には<遮光カーテン>

遮光カーテン特集
 
お窓の向きや環境によっては非遮光カーテンでは過ごしにくいこともあるかと思います。
西日が強すぎたり、道路に面しているようなお窓には、プライバシー保護の為に遮光カーテンをつけていただくと安心です。
 
お部屋の環境に合わせてお子様にあった機能のカーテンをお選びください。
 

【番外編】お子様も大喜びのひみつの機能つきカーテン


ここからは番外編!
お子様の好奇心をくすぐるしかけ付きカーテンのご紹介です。
大人も見ていて楽しくなるようなカーテンで家族みんなで楽しみましょう。

暗くなると光る<蓄光カーテン>

冬のかえりみち
↑Piccola Piccoloシリーズ 抗アレルギー・蓄光・非遮光・ウォッシャブル 【冬のかえりみち】

お部屋の照明の光を蓄えて、就寝時に照明を消すとデザインの一部が光るしくみがついたカーテンです。
真っ暗なお部屋の中に光って浮かび上がるデザインがキラキラと現像的。
 
電気を消して真っ暗になるのが怖くてなかなか消せないといったお子様もおすすめのカーテンです。
●Piccola Piccoloシリーズはこちらから
※蓄光機能が付いていないカーテンもございます。
※LED電球をご使用の場合やお部屋の環境によって光の程度はイメージと異なる場合がございます。
 

キラキラ差し込む光が美しい《シャインスターズ》

シャインスターズアイボリー
↑ 超音波カットでキラキラきれい!<シャインスターズ>

みんな大好きな星と月モチーフの厚地カーテンです。
このカーテンはなんとモチーフ部分はレーザーカットでくり抜きのデザインになっているんです。
 
シャインスター
くり抜かれた部分から窓の外からの光が漏れてお部屋の中もキラキラととても美しいんです。
さらにフロントレース(お部屋側にレース)にボイル生地のレースカーテンをプラスすることで、レースにうつる光がさらにキラキラ°˖✧☆
うっとりするような窓辺になります。
 
お子様だけでなくもちろん大人の方にも大人気のデザインなので、お子様が成長しても長くご使用いただけりような大人可愛いカーテンです。
 

まとめ


いかがでしたでしょうか。
カラーや機能など選ぶポイントはさまざまですが、お子様の成長に合わせてカーテンを選んでいただけると嬉しいです。
 
他のインテリアと違って模様替えするのに簡単にかけ替えることができるカーテン。
大きくなった時に子供のころの自分の部屋のカーテンのデザインを思い出して、懐かしんでくれるとまた嬉しいですよね。
ご家族でカーテン選びを楽しんでいただけると嬉しいです。
 
本日のコラムはここまでです。
また次回をお楽しみください~♪
 

当店のTBLコラムは週1でお届けしています。Facebookをフォローしていただけると嬉しいです♪
TBL リンクはこちらから

ショッピングカートを見る
キーワード検索

お客様のレビュー・お写真